青汁は血圧を下げる効果があるって本当?

青汁を飲めば血圧が下がるそうですが、本当でしょうか?

ここでは、青汁が血圧を下げる効果があるのかをまとめてみたいと思います。

青汁は血圧を下げることができる?

青汁は血圧を下げることが可能です。

血圧を下げるためには塩分(ナトリウム)の摂取量を減らすという方法もありますが、血圧を調整することができるカリウムを摂取するという方法もあります。

カリウムは体内の余分な塩分を排出する作用があり、血圧を調整することができます。

青汁にはカリウムを多く含んでいる大麦若葉やケールなどが原料として使われているので、血圧を下げる効果があるということになります。

野菜は加熱したり水にさらしたりすることでカリウムなどの栄養分が失われてしまいます。

そのため、たくさんの野菜を食べてカリウムを摂取しようと考えるより、青汁を飲んで摂取した方が効率がいいのでオススメすることができます。

血圧が上がる要因

血圧が上がる要因として、塩分を過剰に摂取してしまうことを挙げることができます。

塩分を摂取する量が多い人は血圧が高くなってしまうのですが、外食が多い方や加工食品を好む方は塩分を摂りすぎる傾向にあるため、気をつけなければなりません。

しかし、塩分のことを気にしながら食事をするとなると大変ですから、高血圧の方はカリウムを摂取するようにして余分な塩分を排出するということが大切なのです。

まとめ

青汁を飲むと血圧を下げることが可能ということがわかりました。

食事でカリウムを摂取したり、塩分の摂取を控えたりするとなるととても大変です。

青汁なら調理の必要もなく水に溶かすだけで手軽に摂取することができるので、血圧が気になる方だけではなく野菜不足が気になる方にもにオススメです。

フルーツ青汁 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">